セルフエステって需要あるの?今後の展望を解説します

セルフエステは、プロが使用するエステマシンを安価で使えることから美容を興味のある若い世代を中心に人気が高まっています。
そこで今回は、セルフエステの今後の需要を中心に、セルフエステ経営がおすすめの理由を紹介していきます。

関連記事

セルフエステはお客様自身がエステマシンを使って施術を受けるのが基本スタイルです。 エステティシャンによる施術が不要になり、マシンを導入しても資格は必要ありません。 そのため現在は多くの人が開業を検討している分野になります。 […]

セルフエステはどんなビジネス?

一般的なエステサロンでは、お客様にエステティシャンがつき、マンツーマンで施術を行います。
施術中は、一人のお客様に対して必ず一人のエスティシャンが必要です。

セルフちゃん
また、エステに通う費用も高いので、気軽に受けられないと感じる人も少なくありません。

しかし、セルフエステでは、用意されたエステマシンをお客様自身が操作して施術を行うため、人件費が掛かりません。
このような理由から低価格での提供が可能になります。

また、使用する機器はエステティシャンが使うものと同じため、高い美容効果が期待できます。

エステ機器を使う女性

セルフエステの今後の需要

お客様が自身でマシンを扱うセルフエステは、今後も需要が拡大していくと見られています。
そこで、ここではなぜ需要が高くなると判断できるのか、その理由を解説します。

コロナ禍でも利用しやすい


2020年から突如始まったコロナ禍において、大きなダメージを受けたビジネスは少なくありません。
エステ業界もその一つで、人との接触や密を避けるようになっているため、マンツーマンで施術するエステサロンもコロナ禍の影響を大きく受けています。

セルフちゃん
コロナの影響は、美容業界にも大きなダメージを与えているため、休業や売上減に苦しむところも多いです。

しかし、セルフエステなら個室や半個室で自ら機器を操作し施術するため、人との接触を最小限に抑えられます。
生活様式が一変したコロナ禍においても、非常に使いやすいことから、今後の需要も期待できるビジネススタイルです。

低価格で利用できるため若い世代を取り込める


セルフエステの料金は、エステティシャンが施術するエステに比べて料金が低価格に設定されています。
そのため、美容に大きな関心を持つ若い世代を中心に利用者が大幅に増加しています。

他の人に見られないため恥ずかしくない

一般的なエステサロンでは、エステティシャンに体を見られるため、その恥ずかしさから希望を伝えられなかったり、通うことにとまどったりすることも少なくありません。

しかし、セルフエステでは自分でエステマシンを使って施術するため、人に恥ずかしい部分を見られることもありません。
また、気になる部分を重点的にケアできるため、これまでエステサロンに通いたくても通えなかった新たな層を取り込めます。

エステティシャンはいなくなる?その理由は?

エステ業界自体の需要は今後も伸びると言われています。
しかし、一方でエステティシャンはいなくなるのではと言われているのもまた事実です。
なぜ、エステティシャンはいなくなると言われているのか、その理由を紹介します。

エステサロンは飽和状態にある


美容系の店舗は、街のいたるところで見かけるコンビニよりも多いと言われています。

セルフちゃん
エステサロンなどの美容系は、美容師免許など国家資格が必要なく誰でも開業できるため、競合店舗が多いのです。

また、資格や経験が無くてもエスティシャンを名乗ることは可能なため、女性に人気の職業であることも関係しています。
こうした理由から店舗もエステティシャンも多く、飽和状態にあるため機械よる施術やセルフエステに切り替えているサロンも少なくありません。

セルフエステの需要が高い

低価格で気になる部分を重点的にケアできるセルフエステは、年々人気が高まっており、市場動向が良い傾向にあります。

また、一般的なエステサロンでは、エステティシャンの採用から教育、マネジメントまで多岐に渡る業務が必要な点を考えると、機械と場所があれば営業できるセルフエステは非常に魅力的です。

そのため、セルフエステがさらに普及し需要は伸び続けても、エステ手ティシャン自体の需要は厳しくなっていくのではと言われています。

セルフエステ経営がおすすめの理由

セルフエステを開業しても、本当に儲かるのか不安に感じている人も多いはずです。
そこでは、なぜセルフエステ経営がおすすめなのか、その理由を紹介します。

継続的な収入が見込める


セルフエステは、営業形態によってはサブスク契約で安定した収入が見込めます。
サブスクとは、料金を支払うことで製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションと呼ばれるビジネスモデルです。

セルフちゃん
毎月定額料金を支払えば何度でもエステマシンを使い放題といったメニューを採用すれば、毎月安定した収入を得ることが可能です。

サブスクの契約者が増えれば増えるほど、売上も増加し、安定した経営につながります。

人件費を削減できる

新たにエステサロンを開業するにあたり、開業費用やランニングコストは非常に重要なポイントです。
特にエステティシャンが在籍し施術を行うエステサロンでは、人件費が経営を圧迫し、思うように利益が出ないこともあります。
しかし、セルフエステならエステティシャンが必要ないため、一般的なエステサロンに比べてスタッフも少数で済みます。

掛かった初期費用は早期回収できる


エステサロンに限らずフランチャイズ開業する場合、初期費用が嵩むことも多く、なかには数百万円以上の初期費用が掛かり場合もあります。

今後の経営負担を減らすためにも、できるだけ早く初期費用を回収したいところですが、スポーツジムで7~8年、あまり人件費の必要ないコインランドリーでも5~7年ほどかかると言われています。

しかし、セルフエステサロンならほかに比べてランニングコストを低く抑えられるため、2~3年程度での回収も可能です。
初期費用を早く回収できれば、その分利益も早い段階で上げられます。

セルフエステにもリスクはある!

人件費を抑えられる、初期費用も早期回収できるなど強みの多いセルフエステですが、もちろんリスクも存在します。
安定した経営を行うには、リスクもしっかり把握した上で管理することが大切です。

例えば、セルフエステを初めて利用するお客様は、これまでエステマシンを触ったことすらない人がほとんどです。
エステ未経験者にも安全に利用してもらうには、エステマシンの正しい使い方の説明を行ったり資料や動画を用意したりと、怪我や肌トラブルのリスクを回避できるように対策することが大切です。

また、プロ用のエステマシンは、正しく使うのは意外と難しいものです。
それなりの大きさや重量があるものが多く、施術後には非常に疲れたと感じる人も少なくありません。

自分で行う大変さからリピートにつながらない可能性も考えらえるため、使い方や持ち方、肌への当て方を説明する際に、あらかじめ使用後の疲労についても理解してもらうことも大切です。

ここまで、セルフエステの今後の需要について、解説してきました。
未曾有のコロナ禍によって、対面が必須となるエステサロンのビジネススタイルは、大きな影響を受けています。

また、既にエステサロンは飽和状態にあったことも関係し、今後はエステティシャンの需要は減少し、経営も厳しくなるのでは予想されています。

しかし、その一方で美容業界自体のニーズは年々高まっており、マシンを使って自分で施術するセルフエステの需要は今後も拡大すると見られています。

セルフちゃん
エステ業界で開業する際には、こうしたトレンドをしっかり把握しながら、市場動向に見合ったビジネス展開が必要です。
関連記事

 セルフエステに最適なマシンはどれ?!定番から最新まで4機種を徹底比較 セルフエステを開業するにあたり、最も大事な要素ともいえるのがマシンの選定ではないでしょうか? エステティシャンの手による施術ではなくマシンをお客様自身で施術を行って[…]

セルフエステ機器 ランキング
利益
最新情報をチェックしよう!