セルフエステの開業費用は高いって本当?費用総額とその内訳、利益率についても徹底解説!

セルフエステはお客様自身がエステマシンを使って施術を受けるのが基本スタイルです。
エステティシャンによる施術が不要になり、マシンを導入しても資格は必要ありません。
そのため現在は多くの人が開業を検討している分野になります。

セルフちゃん
しかし、ここで気になるのが開業費用です。

「マシンをたくさん用意しなければいけないためお金がかかりそう」と思う人も多いでしょう。
今回はそんな疑問を解消するために、セルフエステ開業にかかる費用や内訳をご紹介していきます。

関連記事

お客様自身が施術を行うセルフエステは、現在人気が急上昇しているエステです。 プロが使用しているエステ機器を安く使用できるため、セルフエステができるエステ店も増えています。 エステティシャンが不要なだけでなく、資格も必要ないのでセルフ[…]

セルフエステ開業費用は?内訳を詳しくご紹介

セルフエステの開業費用は一般的に500万~1,500万円かかると言われています。
フランチャイズに加盟するとなれば、さらに+100~500万円かかります。

セルフちゃん
日本の開業費用の平均は1,000万円ほどであるため、少々参入障壁の高さを感じてしまうかもしれません。

また、ここ数年は500万円未満で開業できるビジネスも増えてきているので、セルフエステの開業費用内訳を詳しく知りたい人も多いでしょう。
まずは、セルフエステオープンまでにかかる費用の内訳について詳しく解説していきます。

物件費用


セルフエステをオープンさせるには店舗がなければ始まりません。
サロンとなる物件を借りる場合には、月々の賃料を払うほか、最初に敷金・礼金・保証金が必要になります。
保証金というのは開業目的の賃貸契約では必ず支払わなければならないものであり、家賃未払いや物件を退去する際の原状回復費用に充てられます。

保証金の目安は賃料の6ヶ月~1年程度です。

例えば家賃30万円の場合、契約時に180~360万円の支払いが必要となるので注意してください。

内装工事の費用


セルフエステサロンはお客様にリラックスしてもらえる空間にしなくてはなりません。
そのため、借りた物件の内装を整えることが必要です。
内装工事は行う施工や使用する部材によって異なりますが、坪単価20~30万円の場合には平均300万円程度かかってきます。

設備機器にかかる費用

エステティシャンの施術を行わないセルフエステは設備機器を整え、充実させることが大事です。

マシンの性能はユーザーが最も重視するポイントになります。

競合よりも劣るマシンで妥協してしまうと業績もアップしないので、機能性の高いマシンを選ぶようにしましょう。

セルフちゃん
また、マシンはレンタルか購入かによってかかる金額が異なります。

レンタルなら購入に比べて安く、短期で借りられます。
しかしレンタルする期間によっては購入よりも高くなる場合もありますし、中古品が出回ってくることもあると念頭に置いておきましょう。

購入の場合には新品を揃えられるため、メンテナンスコストがかかりにくくなっています。
加えて最新鋭の機器を揃えていることを強みにして営業できるため、一定の集客効果も見込めます。
その代わり、初期費用がかかってしまうのはネックな部分です。

設備機器の費用に関しては人によってかなり大きな差が生まれやすいですが、100万~800万円かかるとされています。

諸経費


セルフエステサロンでもベッドやイス、そしてタオル、シーツなどの備品も必要になります。
また、レジや顧客と従業員情報を管理するためのパソコン、その他家電製品の用意もしなければなりません。
これらを見積もると諸経費は70万~200万円かかってきます。

開業費用が足りない時はどうすれば良い?


前述してきたように開業費用は安く済むものではないため、簡単に用意できない人も多いはずです。
開業費用が足りない場合は諦めるしかないと思ってしまうかもしれませんが、これまでエルフエステを開業してきた方の中には銀行や国から資金を調達してきた方はたくさんいます。

セルフちゃん
おすすめなのは国の金融機関からお金を借りる方法です。

銀行から融資を受ける場合、実は数年間の経営実績がないと難しくなっています。
国の金融機関である日本政策金融公庫なら、創業計画書を提出したり融資のための審査を受けたりする必要はあるものの、事業計画さえしっかりしていれば経営実績がなくても問題ありません。

また、開業時には助成金に頼るのもおすすめです。
過疎化している地域での開業で利用できる「地域雇用開発助成金」、育児・介護などと仕事を両立している場合に利用できる「両立支援等助成金」などをうまく活用して、無理のない資金計画でスタートさせましょう。

ランニングコストについても知っておこう

セルフエステを経営したいという方はランニングコストについても理解しておきましょう。
ランニングコストには、店舗物件の賃料と光熱費、通信費といった様々なコストが毎月かかってきます。

セルフちゃん
特に大きなコストとなるのが人件費です。

人件費は複数の個室を使用するサロンの場合には多くかかるようになっています。
平均50万円ほどで、セルフマシンを導入するからと言っても必ずゼロにはならないことを覚えておきましょう。

また、予約管理やスマートロックといった便利なシステムを採用する場合にはシステム利用料がかかります。
費用は5万円ほどで、24時間運営を行いたい場合には心強いセキュリティ対策として導入しておくと安心です。

宣伝広告費に関しては平均15万円ほどかかりますがSNSを活用すれば比較的抑えられます。

さらにフランチャイズに加入する場合には、月の売上の数%を本部に支払わなければなりません。
一般的には売り上げの5%程度ですが加入するフランチャイズによって異なるので、コストを少しでもカットしたい場合にはフランチャイズの選択にも気を付けてください。

セルフエステは利益率が高く、その他のメリットも多い

セルフエステは開業するまでの資金と、経営時のランニングコストを考慮する必要があります。
しかし実際は、セルフエステの運営は利益率が高く、比較的早い段階で費用を回収できる職種です。

理由として継続的な収益が見込みやすいことが挙げられます。
最近のセルフエステ運営の傾向を見ると、月額料金を顧客から徴収するサブスクリプションの形式が取られています。

サブスクリプションなら安定した収益を得やすく、さらに新規のお客様を獲得しやすいなどのメリットも得られるのです。

また、セルフエステでは人材育成をする必要がありません。
スタッフへの研修は1日設ければ済み、他には受付や掃除といった簡単な作業のみなので、働く人も集まりやすいのが特徴です。
その他にもセルフエステで導入するマシンは操作が簡単で、マニュアル化しやすいといったメリットもあります。

費用対効果が高いCelldrive Proでセルフエステ経営を始めてみよう!

セルフエステは導入するマシンによってかかる費用が異なり、性能の良し悪しで利益率も変わってきてしまうものです。
顧客のためにできるだけ性能にこだわったマシンを選びたいと思っても、導入コストが高ければ導入も躊躇ってしまうでしょう。
そこでおすすめしたいのが、Celldrive Pro(セルドライブプロ)です。

セルフちゃん
Celldrive ProはプロラボソリューションとRad PROJECTが共同開発した、新時代マルチソリューションマシンです。

目に見える結果が欲しいエステ業界で、まさにそれを叶える仕様になっています。
2種のラジオ波のWアクションでアプローチしにくかった場所までボディケアを行い、電気刺激で筋肉を刺激するEMSと脂肪の燃焼を働きかける吸引機能で理想的なボディへと導いてくれます。

他にも高密度な超音波で筋肉層に集中的にアプローチしたり、Celldrive Pro独自の超音波システム・キャビテーションを使用して引き締め効果を与えたりと、1台でエステサロン経営に必要な施術がほとんど行えるのです。
導入費用以上に結果を残せるCelldrive Proの導入をぜひ検討してみてください。

セルドライブプロのお問い合わせはこちら

今回はセルフエステの開業費用についてご紹介してきました。
セルフエステは開業費用に500万~1,500万円ほどかかってしまいますが、利益率の高さやその他メリットから、比較的参入しやすい分野であることが分かります。

セルフちゃん
最後にご紹介したCelldrive Proは、エステサロンの開業を夢見る人にとって理想的な1台になることでしょう。

高機能なCelldrive Proを導入し、高い利益率をもたらすビジネスを始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

 セルフエステに最適なマシンはどれ?!定番から最新まで4機種を徹底比較 セルフエステを開業するにあたり、最も大事な要素ともいえるのがマシンの選定ではないでしょうか? エステティシャンの手による施術ではなくマシンをお客様自身で施術を行って[…]

セルフエステ機器 ランキング
最新情報をチェックしよう!