エステマシンの購入資金が足りない。そんな時に重宝するレンタルのメリットとデメリット

セルフエステサロンを開業しようと考えた時、エステ機器を用意しなければいけません。

セルフエステサロンで使用できるエステ機器には色々な種類があるため、どれを選んだらいいか迷ってしまうケースは珍しくありません。
機器を導入する場合、購入・レンタル・リースから選択する必要もあり、どの方法が自分のサロンに合っているのかわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、セルフエステ機器の導入方法やレンタルした場合の費用、レンタルのメリット・デメリットなどについて解説していきます。

セルフちゃん
これからセルフエステサロンを開業しようと考えている人は必見です。
関連記事

セルフエステはお客様自身がエステマシンを使って施術を受けるのが基本スタイルです。 エステティシャンによる施術が不要になり、マシンを導入しても資格は必要ありません。 そのため現在は多くの人が開業を検討している分野になります。 […]

セルフエステ機器の導入方法は3種類!

セルフエステ機器を導入する場合、購入・レンタル・リースのいずれかの方法を選択します。
まずは、この3つの方法の違いから解説していきます。

購入は、エステ機器の所有権をサロンのオーナーが有するという方法です。
購入するためにはまとまったお金が必要になります。

しかし、レンタルやリースと比べてみると総支払額が抑えられるため、購入するケースも多いです。

ただし、使わなくなった場合は売却できますが、そこまで高値が付かない可能性の方が高いので売却益は期待しすぎないようにしましょう。

セルフちゃん
また、毎年固定資産税がかかることも忘れてはいけないポイントです。

レンタルは、毎月一定の料金を支払ってレンタル会社から借りるという方法です。

所有権はレンタル会社にあるので固定資産税はかかりません。

また、短期間の利用も可能なのでお試しで使ってみたい機器がある場合はレンタルがおすすめです。

リースは、毎月料金を支払いながら中長期的にセルフエステ機器を使用できる方法です。
最初にまとまった費用を用意できないけれど長期的に使いたいと考えている場合、リースを選ぶケースが多く見られます。
契約期間が終わると再契約はできますが、契約期間中の解約は原則としてできません。
機器の保守や修繕義務はオーナーにあるので、万が一の場合はメーカーに修理を依頼する必要があります。

機器をレンタルした場合のコストはどのくらいかかる?

レンタルは、購入やリースよりも手軽に利用できます。
そのため、まずはセルフエステ機器をレンタルして使いたいと考えている人もいるでしょう。

セルフちゃん
では、レンタルした場合はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

レンタルする機器の種類や会社による

レンタル料は、レンタルするエステ機器の種類やレンタル会社によって異なります。
あらかじめ料金を確認しておけば、サービスの価格も決めやすくなるでしょう。
レンタルすると毎月支払いが発生するため、どのくらいかかるのか確認しておくことは必要不可欠です。

料金の相場

機器やレンタル会社によって異なる料金ですが、だいたいの相場を知っておきたいという人もいるでしょう。

ボディメイク・キャビテーションマシンは4万円~7万円、フェイシャルマシンは2万円~4万円、HIFUマシンは8万円~12万円、脱毛マシンは7万円~18万円が月額料金の目安になります。

どのようなサービスを提供するかによって、必要な機器が異なります。
したがって、セルフエステサロンをオープンするなら何に特化したサービスを提供するのかあらかじめ決めておかなければいけません。

セルフエステ機器をレンタルした場合のメリットとデメリット

セルフエステ機器は、安いものではありません。
しかしレンタルをすると初期費用を抑えられるため、導入しやすくなります。
続いては、セルフエステ機器をレンタルした場合のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

修理費などをオーナーが負担しなくて良い場合が多い

購入やリースだと、壊れてしまった時の修理費用をサロンのオーナーが負担しなければいけません。
一方でレンタルの場合は、レンタル会社が修理費用を負担してくれるケースが多いのです。

代替え品も提供されるため、営業を止めずに済むのもメリットだと言えるでしょう。
なぜこのようなサポートをしてもらえるのかというと、毎月支払っているレンタル料金の中にメンテナンスや修理に関する費用が含まれているからです。

しかし、故障した原因によっては修理費を支払わなければいけない場合もあります。
どのような場合にオーナーが修理費を負担しなければいけないのか、契約書をしっかりと読んで確認しておきましょう。

試しに導入ができる

レンタルであれば、短期間に利用も可能です。
つまり、お試しで使ってみたいエステ機器がレンタルの対象になっていれば、試験的な導入も可能ということになります。
顧客の反応を見てからリースや購入を決めることもできます。
実際に使ってみないとわからない部分もあるので、短期的な利用もできるレンタルサービスは魅力的だと感じる人は多いでしょう。

いつでも始められる

レンタル会社によりますが、審査がなく、保証金や保証人が不要としているところもあります。
そのような会社であれば、いつでも気軽にレンタルができます。
審査の結果がわかるまで時間がかかってしまったり、すぐに保証金や保証人を用意できなかったりといった可能性も考えられるでしょう。
それらが不要ならスタートまでの時間を短縮できるため、魅力的だと感じる人が多いでしょう。

デメリット

中古の機器を使わなければいけない場合がある

レンタル機器として提供されているのは、新品ではなく中古品であるケースが多いです。
購入すれば新品を導入できますが、レンタルだとそうはいきません。
新品にこだわってエステ機器を探している場合は、レンタルは適していないと言えるでしょう。

もちろん最新の機器を使える場合もありますが、先約がいればなかなか自分の番が回ってこない可能性もあります。
どうしても最新の機器を使いたい、新品にこだわりたいと考えているなら、レンタルよりも購入がおすすめとなってしまいます。

しかし、レンタルよりも初期費用などがかかってしまうので、金銭的な面を考えるなら中古品でもレンタルを選択するのが得策です。
中古品とはいっても、ボロボロの機器を使用するわけではありません。
そのため、サロンをオープンして軌道に乗るまではレンタルをするというのも1つの方法です。

延滞するとペナルティがある

当然のことですが、万が一延滞してしまったらペナルティが発生します。
基本的にはレンタル料以外がかかることはありませんが、延滞すると延滞料が発生するのです。
レンタル会社によって延滞料が異なるので、どのくらいの金額が設定されているのか確認しておきましょう。
支払い期日から日数が経過するほど金額が高くなるので、滞りなく支払いをすることが大前提です。

購入よりも高くなる可能性がある

レンタルの場合、総支払額が購入と比べると高くなってしまう場合があります。
毎月レンタル料金が発生するためです。
レンタル期間が決められているプランや気に入ったとしても買い取りができないケースなどもあるので、長期的に見たコストも把握しておく必要があります。

セルフエステサロンで使用する機器は、購入の他にレンタルやリースをすることもできます。
レンタルであれば気軽に使用できるため、気になる機器をお試しで使ってみたいという場合にも重宝するでしょう。
デメリットがあることも把握し、納得していれば不満に感じることもないと考えられます。

セルフちゃん
オープンしたばかりでどのようなニーズがあるのか把握しきれていない場合などにも、レンタルで機器を取り入れるのがおすすめです。

購入だと初期費用が高くなってしまう、リースだと途中解約ができないといった点が不安な人にもレンタルは最適だと言えるでしょう。

関連記事

 セルフエステに最適なマシンはどれ?!定番から最新まで4機種を徹底比較 セルフエステを開業するにあたり、最も大事な要素ともいえるのがマシンの選定ではないでしょうか? エステティシャンの手による施術ではなくマシンをお客様自身で施術を行って[…]

セルフエステ機器 ランキング
最新情報をチェックしよう!