自宅でエステサロンを開業したい方必見!かかる費用を詳しく解説します

独立して自宅でエステサロンを開業したいと考えている場合、準備すべきものや費用、必要な資格などを確認しておかなければいけません。
特に費用はあらかじめ資金を集めておかなければならないため、早い段階で準備する必要があります。

そこで今回は、自宅でエステサロンを開業する際に発生する費用について詳しくご紹介します。
今後エステサロンの開業・経営を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

セルフエステはお客様自身がエステマシンを使って施術を受けるのが基本スタイルです。 エステティシャンによる施術が不要になり、マシンを導入しても資格は必要ありません。 そのため現在は多くの人が開業を検討している分野になります。 […]

自宅エステサロンの開業費用


エステ業界には公的な資格が存在せず、無資格でもエステティシャンとして働けます。
専門技術を扱う他の職種よりも比較的開業しやすいのが大きな特徴です。

そのため、近年店舗や自宅でエステサロンを開業する女性は増えています。
自宅で開業する場合は店舗を借りる必要がないため、より気軽に始められます。
そこで気になるのが、自宅で開業するにあたってどれほどの費用がかかるのかという点です。

セルフちゃん
まずは自宅エステサロンを開業するための費用目安をご紹介します。

開業費用

自宅でエステサロンを開業する際に発生する費用の相場は、100~200万円と言われています。

施術に必要なマシンや設備の導入、エステベッド、洗濯機、パソコン、消耗品など、様々なものを用意する必要があります。
これだけでも、最低50万円は必要です。

タオルやシーツ、化粧品などの消耗品は、定期的に購入しなければいけないということも頭に入れておきましょう。

また、居住スペースの一角をサロンにするため、大掛かりな改修工事や内装工事は必要ないと考えられますが、エステサロンは施術だけではなく、雰囲気も非常に重要なポイントです。

セルフちゃん
エステサロンは利用者にとって癒しの空間であることが大前提です。

非日常的な空間を演出することで、「また利用したい」と思ってもらえます。
癒しを与えられるような環境を整えるために、必要に応じて工事を行ってください。
施術内容によってかかる費用は異なるため、あらかじめ計算していくら資金を集めておけば良いか考えておきましょう。
エステマシンや設備は高額なため、経営が軌道に乗ってきてからサービスの質を高めるようにするのがおすすめです。

安全

運用費

エステサロンを経営する場合、開業費用はもちろんですが、日々の運用費も必要になります。
電話やインターネット、スタッフを雇うのであれば人件費なども発生するため、しっかり資金計画を立てておきましょう。
実際にどれくらいの運用費が発生するかは、施術内容や導入するマシン、スタッフの有無によって差が生じるため、一概に言うことは難しいです。

また、顧客を獲得するためには宣伝活動を行う必要があります。
チラシやホームページ、SNS、ダイレクトメール、イベントなど、集客方法は様々ですが、すべて自分で作成すれば費用は最小限に抑えられます。

セルフちゃん
ただしチラシやホームページなどを作成する際に外注することを考えていれば、依頼料もかかるため、その分の費用も用意しておかなければいけません。

エステサロンを自宅で開業するメリット

エステサロンは自宅型、テナント型、レンタル型、出張型と様々なタイプの経営スタイルがあります。
それぞれ異なる特徴を持ちますが、自宅でエステサロンを開業する上で得られるメリットについて気になる人も多いでしょう。
以下では、具体的なメリットについてご紹介します。

費用が抑えられる

自宅でエステサロンを開業する上で最も大きなメリットは、費用を抑えられるという点です。
店舗経営をするのであれば、不動産屋に出向き、賃貸契約を結ぶ必要があります。

セルフちゃん
物件を借りていると、月々家賃を支払わなければいけないため、負担は大きいです。

しかし、持ち家であれば家賃の負担もありません。
賃貸住宅の場合も、自宅兼サロンとなるため、費用を抑えられます。

また、物件を借りて経営する場合、物件購入費や敷金・礼金など、初期費用が発生します。
場合によっては、大掛かりな改修工事や内装工事をする必要性も出てくる可能性があります。
自宅経営であれば改修工事や内装工事にかかる費用も最小限に抑えられます。
ランニングコストはもちろん、初期費用を大幅に抑えられるのも、自宅開業の大きなメリットです。

コスト

仕事と家事・育児を両立できる

エステサロン経営者は女性が多く、その中には小さな子供を抱える人もいます。

セルフちゃん
女性は結婚や妊娠・出産を機に仕事から離れてしまう人も多く、思うように働けないのが悩みの種でもあります。

しかし、自宅で仕事をするとなれば、長時間自宅を空けることもないため、仕事と家事・育児を両立しやすいです。
仕事の合間に家事・育児をこなすことも可能であるため、女性にとって非常に働きやすいスタイルとなります。

プライベートサロン化

自宅で開業する場合、女性1人で経営することがほとんどであり、マンツーマンでの接客となります。

このように、プライベート空間が生まれることによって、周りの目を気にすることなく施術を受けられるため、安心して通える女性は増えるはずです。

このような独自の特徴を強みに変えることができれば、自然とリピーター獲得にもつながります。

また、顧客との距離を縮めやすい環境が整っていることも大きなメリットです。
エステサロンは施術、空間、接客などがすべて込みで高品質なサービスを提供することによって、顧客からの評価が高まります。

自宅経営で失敗しないために

ここまで、エステサロンを自宅で開業する際にかかる費用やメリットについてご紹介しました。
費用を最小限に抑えられるのが魅力的な自宅サロン経営ですが、失敗しないためにはどのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?

ポイント

資金計画を立てておく

全て自費で支払えるのであれば問題ありませんが、中には融資を受けることを考えている人もいるはずです。

個人事業主として新規開業する場合、銀行などからは融資を受けづらいため、あらかじめ念入りな準備を行う必要があります。
セルフちゃん
また、順調にサロンを運営できたとしても、生活が苦しいような状態であれば意味がありません。

プライベートも充実させられるよう、十分な余裕を持てるほどの資金を調達しておくことがおすすめです。
計画的に行うことが成功を掴むための大事なポイントになります。

集客対策を行う

経営を安定させるためには、開業準備の段階で集客対策を行う事が必須です。
前もってしっかりと準備をしておけば、オープンと同時に多くの人が足を運んでくれるかもしれません。
宣伝活動はもちろん、競合店との差別化を図るため、サロンオリジナルのサービスを提供するのも効果的です。

セルフちゃん
万が一、集客対策を怠ってしまった場合、しばらくの間赤字経営が続く恐れがあるため、注意しなければいけません。

集客対策は営業が始まってからでは手遅れです。
エステサロンは利用者の存在がないと成り立たない仕事であるため、集客対策に力を入れて取り組むようにしましょう。

開業 エステサロン

費用を抑えて開業したいのであれば、自宅エステサロンがおすすめです。

セルフちゃん
開業費用の相場は100~200万円となっていますが、工夫すれば費用を抑えることも可能です。

自宅ならではの魅力はたくさんあるため、しっかり資金を準備して事業計画を進めるようにしてください。
自宅でサロン経営をしたいと考えている人は、ぜひこの記事を参考に資金計画を練ってみてはいかがでしょうか?
開業を成功させるためには、計画的に進めることが極めて重要になります。

関連記事

 セルフエステに最適なマシンはどれ?!定番から最新まで4機種を徹底比較 セルフエステを開業するにあたり、最も大事な要素ともいえるのがマシンの選定ではないでしょうか? エステティシャンの手による施術ではなくマシンをお客様自身で施術を行って[…]

セルフエステ機器 ランキング
開業 エステサロン
最新情報をチェックしよう!